生活保護相談:生活保護でアパートを早く借りたい

2015年03月17日
質問

生活保護受給者です。アパートを早く借りるにはどうすればいいですか?

回答

まず第一にケースワーカーの許可を得ているかどうかを確認致します。
ケースワーカーの許可を得ていない場合、引越しは基本的に行えませんので必ずご相談して下さい。
また、認められた場合でも、基本的にケースワーカーは物件を紹介したり不動産屋に誘導することはありません。
多くの役所では、お部屋探しに関して関与しないので、自力でアパートやマンションなどの入居先物件を探す必要があります。

大手の不動産屋や町の不動産屋でも物件を探せないことは無いのですが、
生活保護受給者の対応に不慣れであったり、また、役所等各自治体との連携がうまく取れずに余計な時間が掛かってしまったりと不手際が生じる可能性があります。
弊社に来店いただいたお客様の中には、他社の不動産屋に行ったが生活保護受給者と分かった途端に門前払い受けた方もいらっしゃいます。

ですのでやはり、
「生活保護受給者専門の不動産屋」にお任せすることが一番早くお部屋を借りることが出来ます。

近年は弊社以外にも全国各地で生活保護受給者に対応できる不動産屋が増えてきています。
そういった不動産屋を探す方法として最適なのは、インターネットです。
検索欄に「生活保護 不動産 東京(地域名)」と打ち込めば、その地域で生活保護に特化した不動屋のホームページが表示されます。
後は、ホームページを開き、お電話、もしくはお問い合わせをするだけ。

弊社では、東京・神奈川・千葉・埼玉と広範囲の地域に対応してますので、
生活保護の方でアパートを速く借りたい方は、是非、お問い合わせ下さい。

カテゴリー: 生活保護相談FAQ